食べもので治る  医食同源(いしょくどうげん)とは?

日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方。

「医食同源」という言葉自体は中国の薬食同源思想からヒントを得て、近年 日本で造語された。

この言葉「医食同源」は発想の元になった中国へ逆輸入されている。

病気になった人を治すために薬を処方する近代医学的な思想に対し、病気になる前の「未病」の段階で普段普通に食べているものが大事であり、かつ疾病の予防になるという思想。